banner

摂取の仕方

乳酸菌の摂取において、一番注意したいのが食事からではなくサプリメントからの摂取がのぞましいということ。
食事からでは十分な量を摂るには非常に難しいでしょう。
それに対してサプリメントからであれば、たっぷりの量を手軽に摂取することができます。
食事から無理にサプリメントと同等の量を摂取しようとすれば、栄養価バランスが乱れて病気になってしまうかもしれません。
それだけサプリメントは乳酸菌の摂取に優れているのです。

また、摂取する際に覚えておきたいのは摂取するタイミングです。
基本的には摂取するタイミングとしては食事中もしくは食事の直後がのぞましいと言われています。
というのも、乳酸菌は酸に弱いという特徴があるからです。
空腹時に乳酸菌を摂取すると、からっぽの胃の中にサプリメントが入っていくことになります。
こうなると、ダイレクトに胃酸の影響を受けることになるでしょう。
しかし、食事中であれば、食べたものとサプリメントがまざるので胃酸の影響を受けにくくなります。
結果的に吸収率もアップするのです。
もちろん、このポイントはそこまで大きな影響を与えるものではありません。
とは言え、大事なポイントではあるので、可能であれば実践しましょう。

また、食事中・食後にサプリメントを摂取することによるメリットは他にもあります。
それが「習慣化」できるということでしょう。
習慣化すれば、飲み忘れることもなくなります。
これは乳酸菌の効果をよりスピーディに実感できるようになる為の下準備と言えるでしょう。
乳酸菌サプリメントの摂取は一日でも間が空くと、その分、効果の実感も遅くなってしまいます。
習慣化して、しっかり飲み続けるということが重要なのです。
もちろん効果を焦るのも良くありません。
しっかりと長期間にわたって飲み続けることが効果実感への近道です。

この他にも摂取の際に気を付けておきたいことがあります。
それが「摂取する量」です。
基本的には乳酸菌を飲みすぎるということはありません。
しかし、かと言って沢山飲めば良いという訳ではありません。
サプリメントの場合は基本的には目安量を飲めば、十分な量を摂取できるようになっています。
それを継続できれば、いつかしっかりと変化を感じることができるはずです。
無駄に沢山飲んでしまうのは勿体ないので、やめた方が良いでしょう。

以上のポイントを抑えておけば、サプリメントを飲むうえで注意したいポイントは十分理解できていると言えるでしょう。

Copyright(c) 2011 Improving the enteral environment. All Rights Reserved.